ダイエット・美容・エステ・健康・サプリ

美容エントリー一覧

頭髪の抜け毛の原因
髪の毛はそれぞれ寿命を持っていて、健康な髪は3〜6年ほどの周期で伸びては抜け、また新しく生えるというサイクルを繰り返しています。頭髪の抜け毛は、このヘアサイクルに変調をきたし、毛が抜けた後に新たな毛が生えてこないことによって起こります。毎日頭髪は抜け落ちますので、髪が抜けたからと神経質になる必要はありませんが、それでも一日に100本を越えるほど抜け毛がある場合は、対策を講じるべきです。抜け毛の原因は遺伝にも起因します。どちらの親もともに髪が薄い場合や、母親の髪が薄い場合、その男性の子供はほぼ確実...
抜け毛の防止と食事
抜け毛対策として重要なのは、日々の食事を改善することです。毛根に送られてくる栄養分を元に、髪の毛は生み出されています。食物から摂取したものが栄養分の根幹を形成していますので、頭髪の栄養とならないような食物ばかり食べていると新しい頭髪は生えません。ファーストフードやインスタント食品を食べている人が最近では増えていますが、抜け毛対策のためには食事の改善が最も重要になってくるわけです。動物性脂肪が多く野菜類が少ないという食事になってしまうため、こういった食物は手間を減らすことはできますが髪にも体にもよ...
シャンプーで抜け毛を防止
シャンプーをすると、どうしても頭髪の抜け毛が発生します。シャンプーで髪の毛が抜けるのを避けようと髪を洗う回数を減らしたとしても、抜け毛を防げるわけではありません。抜け毛を減らすためには、正しいやり方での洗髪と頭皮をケアすることが重要です。抜け毛を減らすには、熱すぎるお湯を使って髪を洗うことをせずに、40度ぐらいのお湯で髪を十分濡らすところから始めます。お湯で髪を洗うだけで、汚れのうち大きなものはほとんど落とすことができます。シャンプーは直接頭皮につけず、お湯で薄めてから髪に塗り込むつもりで洗いま...
シワ取りの仕組み
年齢を重ねるごとに増加してゆくシワ。シワはなぜできてしまうのか、また、シワを取り除くためにはどうすればいいのでしょうか。人生の年輪とも言えるシワは、皮膚の奥にある真皮層と呼ばれる部分が加齢によって壊れることでできあがります。真皮層にはコラーゲンがたくさん含まれており弾力がありますが、加齢によって衰えが生じ表面に波のような起伏がでます。また、皮膚の表面には無数の細い溝が網目状に走っており、これは皮溝と呼ばれています。皮膚の表面が衰えて皮溝が深くなるとシワが深くなっていきますが、この皮溝を取り除くこ...
手術によるシワ取り
シワ取りについては、昔よりもだいぶ安全で簡単に行えるようになっています。顔の中でシワやたるみができやすい場所は、口のまわりや目元、首、頬などになりますが、どの場所も手術によってシワを取ることができます。シワ取り手術は入院することは必要ありませんので、術後は翌日から人に会うこともできます。皮膚のたるんだところを切除するため傷跡が残ってしまいますが、まつげや髪などで目立たない場所であるため、特に心配はいりません。シワ取りの手術後の状態は、仰向けになって鏡を見た時のような状態になります。頬のシワ取りや...
注射によるシワ取り
シワを取る方法として、シワの下に薬液を注入してシワを消すというものがあります。注射によるシワ取りの主な注入物はコラーゲンやヒアルロン酸です。シワの溝に注入してへこんだ部分を押し上げ、内側からシワ取りをします。よく冷やした皮膚に細い針を注射をすることになります。痛みは少なく、小ジワの処置なら20分程度とごく短時間で終わります。コラーゲンは皮膚の中に吸収され、いずれは消滅してしまうため、定期的にシワ取り手術をしなければいれません。コラーゲンは、子牛の真皮層を精製したものを美容外科では用いています。そ...
切開法でまぶたのたるみを解消する
まぶたのたるみの原因の一つに目の回りの脂肪があります。たるみ除去手術には、まぶた切開法といってたるみの原因となる脂肪を直接取り出すという方法があります。切開法が向いている人は、元々まぶたや目の回りに脂肪が多くはれぼったい状態だった人や、年齢的な問題で皮膚が脂肪を支えきれずたるんできた人です。この方法では、たるみの原因となる脂肪を切開した部分から切除します。どの場所から切開するかは、手術部位ごとに違います。上まぶたを施術する際の切開位置は、眉のすぐ下側か二重のラインに沿うようにメスを入れます。目の...
眼瞼下垂のまぶた治療について
たるみの原因には、眼瞼下垂というまぶたを引っ張り上げる筋肉が細く弱くなるものがあります。脂肪の重みでたるみが出ているわけではないので、切開法は使えません。形成外科や眼科でも、眼瞼下垂手術は行われています。この手術には保険を使うことが可能です。眼瞼下垂の程度によっては、切開式でたるみを取る方法と併用することもあります。先天性と後天性の2種類の眼瞼下垂があり、先天性は生まれつき筋肉や神経に要因があります。一方、後天性とは、長い間パソコンの画面を凝視して目を酷使するなどの理由や、加齢などで発生します。...
多汗症をボトックスでブロックする
ボトックスの作用は恒久的なものではなく、個人差はあれどいずれは作用がなくなります。ボトックスの作用は、長くて10ヶ月、短くて半年程度です。期間を長引かせるためと一度に大量投与はできません。定期的にボトックスを注射をするなどの工夫が必要です。ボトックスの効果が消える前に再注射をすることを、ボトックスの製造メーカーであるアラガン社は推奨しています。完全に効果が消えないうちの注射の方が、結果的にボトックスの効果が出るようです。ボトックスで汗腺が萎縮するともいい、この時は半年周期で数年、ボトックスを使い...
ボトックスによる多汗症治療の危険性
抗菌剤パーキンソン病、精神安定剤、筋肉をゆるめる薬などは、何らかの問題が発生する要因となるため、ボトックスによる多汗症治療を行った3〜4ヶ月以内は使えません。この他、胎児がいる時はボトックスの安全性がはっきりしていません。異常を感じたらすぐに施術したクリニックに連絡するようにしましょう。注射を打ってもらった場所を強くこすったり、圧迫するような行為はよくないのでしないようにしましょう。ボトックスによる多汗症治療は液状のボトックスを皮下注射します。施術部位を強く押さえると、液体のボトックスが分散して...
背中のにきび跡が残る原因
よく知られているのは顔のにきびで悩んでいる人が多いことですが、背中にも実はにきびができるということを知っているでしょうか。背中のにきびができる原因は色々ありますがそのひとつはアクネ菌です。アクネ菌というのは顔などの皮膚の毛穴にあるもので顔ににきびができる原因といわれています。このアクネ菌は顔だけでなく人の背中の毛穴にも存在するのです。皮膚が化膿することが背中ににきびが出来てしまう原因なのですが、背中の皮膚の毛穴に余分な皮脂が詰まることが引き金となっています。アクネ菌が繁殖しやすくなるのは、とくに...
背中のにきび跡が残る原因
よく知られているのは顔のにきびで悩んでいる人が多いことですが、背中にも実はにきびができるということを知っているでしょうか。背中のにきびができる原因は色々ありますがそのひとつはアクネ菌です。アクネ菌というのは顔などの皮膚の毛穴にあるもので顔ににきびができる原因といわれています。このアクネ菌は顔だけでなく人の背中の毛穴にも存在するのです。皮膚が化膿することが背中ににきびが出来てしまう原因なのですが、背中の皮膚の毛穴に余分な皮脂が詰まることが引き金となっています。アクネ菌が繁殖しやすくなるのは、とくに...
背中にきび跡の治療法
にきび跡が背中にできてしまったときは、どのように治療したら良いのでしょうか。まずひとつめは治療にイオン導入を取り入れたものです。これは最近話題になっている背中のにきび跡の治療法で、針を使わない注射で行うものです。通常より多くビタミンCを浸透させることができるのが、にきび跡に対してイオンを導入することです。こうすることで、背中のにきび跡を取り除くこともでき、メラニンの生成を抑えることもできるのです。そして背中にきびの炎症を抑えてくれます。それだけではなく、色素沈着を防止しますのでにきび跡の治療には...
まつげを育毛するメリット
おからダイエットクッキーの栄養成分目元の印象を決める大事なまつ毛。育毛により想像以上の効果が上がります。仮にいい化粧品を揃えても、肝心の肌の調子がよくなければ化粧のノリもいまいちです。ガサガサ肌は根本からの改善が必要となります。一時しのぎでメイクをするよりは、素肌のケアが美容には大事です。美しくハリのある肌にするには、健康でうるおいのある肌が第一といえます。まつげも土台が大事。マスカラなどでアイメイクを施す場合も、まつげそのものがしっかりしたものである必要があります。まつげ育毛剤によって自身のま...
脇の多汗症になる原因
多汗症のメカニズムを知っている人は、それほど多くはないようです。強いストレスや緊張状態が続いた時の汗を精神性発汗といいますが、これは脇の多汗症の原因の一つに数えられます。脇の多汗症は、精神的発汗の中でも限定されたから過剰に汗が出る、いわゆる局所性多汗症の一種です。手のひらや足の裏、顔面などの場合もあります。汗をかきやすくなるのは、交感神経の作用で汗腺の働きが活発化することが原因ですが、不安や緊張、ストレスなどによって交感神経の働きは強くなる傾向があります。神経質な人や緊張しやすい人、几帳面なとこ...
脇の多汗症対策について
脇の多汗症の対策を考えてみましょう。まず、不安感や緊張を解きほぐし、リラックスを心がけましょう。精神性発汗での多汗症は、マインドコントロールが大事です。思い詰めず、ストレスをため込まないように心がけることも必要です。脇の多汗症対策には、食生活も見直してみるのもおすすめです。辛いもの、動物性脂肪の多い肉類、冷たいものを避けることです。タンパク質は体温を上昇させ、汗をかきやすくする物質です。また、動物性タンパク質は体臭の原因にもなっています。臭いを抑えるデオドラント効果のある制汗剤を使って発汗を減ら...
脇の多汗症手術にはボトックス注射
脇の多汗症を治療する方法として手術を行うという選択肢もあります。ボトックスという薬剤を脇の下に注射する手術では、一定期間発汗を抑えて多汗症の対策ができます。手術が必要な多汗症かは、じっくりと考えましょう。施術を受ける前に、どのようにしてボトックス注射が多汗症を抑えているのか、費用や効果期間について等のカウンセリングを受けて決断したいものです。脇の多汗症手術の種類としては、ボトックス注射があります。ボトックスの働きによって神経伝達の一部をブロックします。これにより交感神経からの発汗作用が抑制されま...
小顔にならない理由
小顔に憧れる人は多いですが、なかなか思うようにはいきません。むくみは、顔の皮膚に不要な脂肪や水分が溜まったために起こります。そして、顔全体がたるむのは筋肉の力や皮膚のハリが弱くなり、重力の力で目元や口元が垂れ下がってしますからです。小顔に対する憧れを抱いている人は少なくありません。小さく引き締まった顔つきでいたい、老けてみられたくないという願いは共通のものです。小顔の人が美しい人とは限りませんが、顔も体も引き締まっている人のほうが、何故だか綺麗に見えます。どんなに年をとっても、美は女性の一生涯の...
ボトックス注射で小顔になる
美容整形の公告などには、ボトックス注射をすることで小顔になれるというものがあります。ボトックスとはどんなもので、どんな効果があるものでしょう。小顔にするためにボトックス注射がどう役立つのでしょう。A型ボツリヌス菌毒素製剤とも呼ばれているボトックスは、筋肉に作用し麻痺させる働きがあります。顔面麻痺やけいれんなどの治療に使われている、きちんとした医療用の薬品です。顔の筋肉を麻痺させることで、その部分の筋肉が細くなって小顔になることが目的です。顔のエラの筋肉にボトックスを注射して、麻痺させて、筋肉を痩...
ボトックス注射のボツリヌス菌は大丈夫か
ボトックスを使った美容整形は、最近エステでも人気の施術になっています。ボトックス注射とは、ボツリヌス菌から作られる製剤を皮膚に直接注射するものです。つまり原材料がボツリヌス菌なのですが、問題はないのでしょうか。ボツリヌス菌といえば食中毒の原因菌としてよく知られています。ボツリヌス菌から作られるボトックスは、シワ治療などの美容整形に使われるだけでなく、けいれんや顔の麻痺の治療に医薬品として重宝されています。当然ながら、人の体に害となるような薬品を医療や美容の面に使用することはありません。ボツリヌス...
二重まぶた埋没法とは
少し前まで、まぶたを二重にする整形手術の主流は切開法と呼ばれる方法でした。メスを使って、まぶたの一部を切開して縫い合わせる方法です。埋没法は切開法ほど腫れず、元の状態に戻すことができるため、最近の主流となっています。顔立ちや表情は、一重まぶたと二重まぶたの人では印象がかなり変わります。些細な違いといっても見逃せません。二重まぶたになったことで自信がつき、性格も明るくなったという話もあるくらいです。まぶたを持ち上げる筋肉を眼瞼挙筋といいますが、この筋肉がまぶたの一カ所に皮膚にくっついていると一重ま...
二重まぶた埋没法のメリット
一重のまぶたを二重にするには切開法が多く使われてきました。まぶたの脂肪を切開し取り出すという方法で、はっきりとしたラインを作ることができます。埋没法を使っての手術は、手術時間も短く術後の回復が早いので、軽い気持ちで受けることができます。また、跡もほとんど残りません。短いところでは数分で終わるので、お昼休みの短い時間で済ませることもできるほどです。最新の二重まぶた埋没法では、まぶたを開閉する筋肉と皮膚のほんの一部だけを糸で結びつけるので、糸が皮膚の中に埋まり込んで全く目立たなくなります。埋没法で手...
二重まぶた埋没法のデメリットと気をつけるべきこと
二重まぶた手術のひとつである埋没法は、手軽で安全にできま。けれど全くデメリットがないというわけではないので注意が必要です。ですがあらかじめ二重まぶた埋没法のデメリットを把握しておくことで、対策をたてるこができます。そしてリスクを軽減することができるのです。新しい二重まぶた埋没法の技術が最新の研究で生み出されているので、どういう施術方法で手術を受けることになるのかをクリニックでしっかり確認しておくことが重要です。誰でも手軽にできるのが二重まぶた埋没法ですが、その分いろいろと限界もあります。二重まぶ...
脱毛剤の目的と種類
毛根からムダ毛を抜き取ることを目的とした薬品のことを脱毛剤といいます。毛根から抜かずに皮膚から出ている部分の毛のみを剃ることを、正確には除毛といいます。一般に脱毛剤を指す時は除毛剤も含むことが多いようです。脱毛剤による脱毛は自宅で気軽に試みることができます。自宅で行う脱毛は、医療機関やエステサロンでの脱毛よりずっと安あがりですので、とても人気があるようです。脱毛剤による脱毛は肌の表面を痛めやすいので、肌荒れ、かぶれなどに十分注意する必要があります。じつに様々な種類が脱毛剤にはあります。脱毛クリー...
脱毛クリームは人気のある脱毛剤
脱毛剤は薬局などで多く出回っていますが、中でも脱毛クリームは人気があって売られている数が多いようです。脱毛剤の中でも脱毛クリームは手軽なものです。痛みがなく、安価に購入できるので軽い気持ちで試すことができるでしょう。特殊な化学反応により毛を溶かすことで脱毛処理をするのが、市販の脱毛クリームで、これはアルカリ性になっています。脱毛剤の使い方ですが、クリーム状の脱毛剤を皮膚に塗ります。そしてしばらく放置した後でふき取るか、洗い流します。脱毛クリームの特長は、皮膚から露出している毛を溶かして脱毛すると...
脱毛ワックスと脱毛テープ
脱毛剤の一種である脱毛ワックスは、暖めてから脱毛したい部位に塗り、しばらく放置して毛ごと固まったら一気に剥がし、ワックスについたムダ毛を抜き取るタイプの脱毛剤です。足や腕などの広い範囲の毛を一度に抜き取ることができ、脱毛クリームと違って毛根から抜くことができるのが特徴です。長さが2ミリぐらいある毛や、しっかり生えている毛を一度に脱毛してしまいたい人に向いているのがこの脱毛ワックスです。脱毛ワックスは、毛根部まで抜いたわけではないので、しばらくするとまた生えてきます。埋没毛になることや、肌表面が鳥...
男性用の脱毛剤
脱毛剤には男性用のものもあり、相当な数が売れているようです。最近では男性用の脱毛剤も多く流通しており、脱毛剤を使うのは女性だけというイメージは失われつつあるようです。男性用の脱毛剤は女性用に比べて脱毛成分が特に多く含まれており、男性の濃い髭や胸毛、すね毛にも対応できるようになっています。男性用の脱毛剤の利用に向いているのは、朝にシェーバーで剃っても夕方に生えてくる様な、発毛サイクルの早い人、剃り跡が青くなって目立ってしまうような人です。手軽に使える、ひげ剃り後に塗るだけのタイプの脱毛剤もあります...
脇毛の脱毛が必要な理由
脇の下の毛は、脱毛ポイントとして意外と重要です。一年をとおして脇は意外に見られている場所です。たとえ寒い季節でもキャミソールやノースリーブを着用する機会は多いですから、常に脇毛の手入れには気を配りましょう。真冬でコートを着ている時でも、飲み会や食事の席ではコートだけでなくジャケットを脱ぐべき時もありますし、冬だからこそ店内が暖房で十分に暖められている可能性もあります。試着したいようないい洋服をふと見つけた時など、脇の下を人目にさらす可能性は唐突に存在します。せっかく好みの洋服を見つけたとしても、...
自分でできる脇毛の脱毛方法
脇の下のムダ毛を自宅で処理するには、どんな方法があるでしょう。多くの人が自分でできる脇毛方法に選ぶのは、電気シェーバーやかみそりで剃るという脱毛方法です。かみそりやシェーバーなら、広い範囲を手軽に脱毛ができ、テクニックが必要ありません。ただ、脇毛は他の部位のムダ毛と比べて色が濃く太い傾向があり、目立ちやすい毛てす。うまく剃ることができなかった場合、毛の断面が斜めになって以前より濃くはっきりと見えるようにもなります。完全な脇毛の脱毛は困難といえるでしょう。比較的きれいに脱毛処理をする方法としては、...
肌に負担をかけない脇の永久脱毛
一旦抜いた毛が永久に再生しないような方法で脱毛する脱毛法が永久脱毛です。毛の再生を防ぐには、毛そのものだけでなく毛根も処理します。毛の再生は毛根で行われるので、再生できないようにするのです。レーザー脱毛は、肌に過度の負担をかけずに永久脱毛を可能にする画期的な方法の一つです。人体への影響のない安全なもので、毛根の黒さに反応するレーザー光を使うので、危険性はありません。レーザー脱毛では、レーザー光を毛根部分に照射します。繰り返しレーザーを当てることで毛根を確実に破壊し、ムダ毛の生えない脇の下します。...
まつげの育毛は可能なのか
まつ毛のお手入れは、肌や髪のお手入れと同様に大事なことですが、そのことはあまり認知されてはいません。スキンケアやヘアケアを取り上げた雑誌の特集はあっても、まつげの育毛やまつげのケアが大々的に取り上げられることはあまりありません。しかし、さほど注目されていないまつげケアや育毛とはいえ、なくても大丈夫ということはありません。まつげのケアをしている人としていない人とでは大違いなのです。まつげは意外と盲点となる箇所であり、髪や肌の手入れが怠りない人でも、まつげケアをせずそのままという場合もあります。ダメ...
まつげパーマはまつげを傷ませる
近頃は、まつげにかけるパーマやエクステがあります。まつげへのダメージを考えるなら、毎日のビューラーより一度のパーマの方がいいともいわれます。とはいえ、まつげにダメージを与えることには変わりありません。また、美容師の資格や特別な技術認定がなくても、まつげパーマを人に施すことは禁止されていません。まつげパーマの研修さえ店舗で受けたなら、誰でも資格等を必要とせずに施術が可能という言い方も成り立つのです。美容師のように資格で技術を証明することができないため、まつげパーマを受けるサロンは口コミなどの情報を...
頭皮クレンジングブラシ
クレンジング剤だけが頭皮のクレンジングではありません。よりよいケアのためのブラシも存在します。頭皮クレンジング剤と同じように、クレンジングブラシは頭皮ケアを目的としています。日々の洗髪で落とし切れていなかった皮脂汚れを洗い流し、血の循環をよくすることで頭皮を健康にします。ブラシによって入念にマッサージされた地肌は、毛穴が開いてこびりついていた皮脂汚れが洗髪で落ちやすい状態になります。爪の先で地肌を傷つけることなく、穏やかな刺激をクレンジングブラシで与えることで洗髪の効果がアップします。形状もブラ...
にきびのケアについて
にきびができると発疹ができ、同時に炎症を起こします。同じにきびの症状でも、思春期以降にできるにきびは吹き出物と呼ばれています。主に皮脂腺の多い顔や頭、胸、背中にできますが、顔のにきびはコンプレックスの原因にもなり、深刻な悩みに発展することもあります。にきびのできやすさは体質によって個人差があり、皮脂腺の活発な人は症状が特に出やすくにきびのケアが必要です。特ににきびができやすい時期だといわれている初夏、そして初秋には、にきび対策をしっかりしておきましょう。ホルモンバランスが変化しやすい思春期は特に...
にきびのケアについて
にきびができると発疹ができ、同時に炎症を起こします。同じにきびの症状でも、思春期以降にできるにきびは吹き出物と呼ばれています。主に皮脂腺の多い顔や頭、胸、背中にできますが、顔のにきびはコンプレックスの原因にもなり、深刻な悩みに発展することもあります。にきびのできやすさは体質によって個人差があり、皮脂腺の活発な人は症状が特に出やすくにきびのケアが必要です。特ににきびができやすい時期だといわれている初夏、そして初秋には、にきび対策をしっかりしておきましょう。ホルモンバランスが変化しやすい思春期は特に...
にきびのケアと食生活
にきびのケアを考えるには食生活の見直しも大事です。それではどういう食生活をすれば、にきびを作ってしまうのでしょうか。食べるものでにきびを寄せ付けないようにするには、にきびの原因になるような皮脂を作りやすい食べ物を避けることです。にきびを予防するために、にきびに悪いとされる食材は摂らないようにすることはいいのですが、あまりに避けすぎて食事のバランスを欠いてしまうことは、健康を維持するためでは決してよくないのです。適正な食事の量を心がけ、バランスの良い食生活をすることが、にきびのケアにはよい結果とな...
にきび予防になる洗顔法
適切なスキンケアは、にきび予防に最も効果を発揮するのです。にきび予防には洗顔は欠かせないもので、これにより余分に出た皮脂が洗い流され、余計な角質も取り除かれて、きれいになるのです。にきびを予防するための洗顔料は、できるだけ添加物が入っていないもので、肌に刺激を与えにくいものがいいでしょう。人間の肌は元々弱酸性なので、PH値を乱し肌に余計な負担をかけることのないよう、にきびケアには弱酸性の洗顔料が理想的です。洗顔の際には、まず33℃〜37℃くらいのぬるめのお湯であらかじめ肌をぬらし、下洗いをしてく...
まぶたたるみの理由
まぶたがたるむのは、肌のたるみや筋肉の衰えが原因になります。目元の感じは、まぶたがたるんで目元まで落ちたような場合、とても重たくなるのです。まぶたに力を入れて目を開き、狭くなった視界を開こうとするため、どうしても額や眉間にしわができやすくなるのです。まぶたのたるみが原因で目つきが悪く見えるときがあり、きつい印象を与えてしまうこともあります。まぶたのたるみによって、目が疲れるようになり、それから肩こりや偏頭痛を引き起こすこともあります。まぶたを持ち上げる筋肉の力が極度に弱まると、上まぶたが過度にた...
まぶたたるみの予防とケア
まぶたのたるみの程度が軽く、たるみの原因が皮膚自体のたるみである場合には、たるみは日常のケアで改善をはかることができます。老化対策を行い、肌のアンチエイジングにも努力すれば、まぶたにたるみを寄せ付けることがありません。まぶたのたるみをケアするための化粧品としては、アイケアクリームや眼の下専用のパックなどがあります。肌のハリを少しでも取り戻すようにすると、まぶたのたるみは軽減するので、目じりやまぶたに美容液を塗りこんで保湿成分を与えましょう。またまぶたの周りをマッサージすることで、まぶたのたるみは...
まぶたのたるみ予防に筋肉を鍛える
まぶたに限ったことではなく、体のどの部分の筋肉も、使わないと弱ってしまいます。まぶたも筋肉で支えられているため、歳を重ねるごとに衰えて、まぶたはますますたるんでくるようになります。まぶたのたるみを予防するには、まぶたの筋肉を衰えさせないことも大切で、そのためには筋肉を適度に鍛えることです。目の周囲には眼輪筋という筋肉があり、使わないでいると筋力も低下してしまいます。使おうとしない限り使われることはほとんどない眼輪筋ですが、少しずつでも鍛えていけばまぶたのたるみ防止にはなり、表情筋も一緒に鍛えるよ...
ボトックスで治療できる多汗症とは
多汗症は交感神経の調子が悪くなることから汗を異常に多くかく症状で、たとえば手のひらや脇、頭などにその症状が出ます。多汗症のボトックス治療は主に脇の下やてのひらに用います。ボトックス治療の中で多汗症とワキガは混同されたりします。多汗症は多量の汗が出る症状のことであり、汗が特有のにおいを発するワキガとは厳密には異なりますので、治療の方法も違ってきます。昔に比べると、現代の食事は欧米化され、肉を食べる機会もぐっと増えていて、そのため体臭も強くなっているのです。清潔志向によりにおいを気にする人も増えて来...
多汗症治療に使われるボトックスとは
ボトックスは多汗症の治療に使われますが、、FDA(米国食品医薬品局)にも承認された医薬品で、アメリカのアラガン社という製薬会社が販売しています。今は多汗症の治療薬として使われているボトックスは、もともとは眼瞼痙攣や斜視を治すための薬でした。ボトックスの有効成分として使われているのが、ボツリヌス菌が作る猛毒であるA型ボツリヌス菌です。猛毒のボツリヌス菌といっても、使われるのはほんのわずかで、多汗症の治療では血液中に入れられるのではないので、心配はありません。ボトックスが働くと、筋肉は一時的のその力...
多汗症のボトックス治療
多汗症をきちんと治療する場合は、汗が多量に出る部分を切開し、汗腺を完全に取り去る汗腺除去法が施されます。体にメスを入れるということに抵抗のある人もいるでしょうし、またそれほど重症の多汗症ではないという人は、ボトックス治療がいいでしょう。ボトックス注入法を行うと効果があるのは、手のひらの多汗症がある人、多汗症でもにおいはそれほどない人、そして季節によってはひどくないときもあるという人です。アポクリン汗腺の作用を押さえ込むことは無理なので、ワキガ自体は治療できませんが、ボトックスによって汗の量はずい...
加齢による目の下たるみ
顔の中でも、目の下のたるみ部分は気になりやすい部分であり目の下がたるむと老けた印象を与えます。なぜ眼の下にたるみができるかというと、それは歳をとって肌が衰えるからです。10代くらいの若い世代には、肌のたるみなどまずありませんが、20代になれば、ほんの少しずつでも肌のたるみは現れるようになります。眼の下がたるむのは、顔の皮膚と筋肉が老化して衰えるからです。人は歳を取るにしたがって皮膚が薄くなる傾向があり、そのため皮膚の弾力性が落ちて保持機能も低下します。眼の下の細胞は年齢とともにそれぞれが浮腫のよ...
目の下たるみの原因
目の下にたるみを作ってしまう要因は、老化のほかにもあります。目の下のたるみの中身は実は脂肪で、目の周囲の筋肉の力が落ちてくると肌の弾力性も低下し、目の下の脂肪を支えられなくなって垂れ下がります。血行不良だったりリンパ循環が悪かったりして余分な脂肪や水分が排出されないと、皮下組織の脂肪細胞は増加して目の下はたるんでしまいます。目の下の脂肪は体質的に多い人と少ない人がいて、生まれつき目の下の脂肪が多い人はくまやたるみができやすいようです。目の下のくまは、脂肪が目の下に多い場合、皮膚の色素沈着が多くな...
目の下たるみマッサージ
目の下のたるみを防ぐには、目元をよくするためにマッサージを行うという方法があります。目の下のたるみに効果的なだけでなく、マッサージは皮下脂肪も寄せ付けません。刺激の強すぎるマッサージは逆効果ですが、血行を促進して新陳代謝を整えることは重要です。肌がターンオーバーを正常に行うようになるので、皮下脂肪もつかなくなります。こめかみを起点にして、目の下へ向けて指の腹で軽く押すようにすると、効果的です。目の下から今度は目の上をとおり、こめかみに戻ったら、そこを少し押すようにすると、血流を正常にもできます。...
ピーリング石鹸とは
ピーリング石鹸というエステサロンで使用される美容石鹸があります。ケミカルピーリングというと、エステサロンの広告などで見ることがある言葉ですが、これではどういうことがおこなわれるのでしょうか。いろいろな肌のトラブル、たとえばしみ、しわ、くすみ、それからにきびやにきび跡に、酸を使いながら肌を溶かすことで取り去る方法です。酸を使うと聞くと、少し気になるケミカルピーリングですが、使われる酸はとても弱いものなのです。医療機関やエステサロンで行われるのがケミカルピーリングですが、自分でも行う方法があり、それ...
ピーリング石鹸のメリット
いろいろな肌のトラブルを解消してくれる美容石鹸が、ピーリング石鹸です。ピーリング石鹸を使用すると、実際にどのような効果が出てくるのでしょうか。ピーリング石鹸を使用すると、にきびの改善以外にも効果が表れてきます。それはにきび跡やしみ、しわ、それからそばかすなども解消することができる、すぐれた石鹸です。肌表面の古くなった角質を溶かすピーリング石鹸は、そのとき同時ににきび跡も洗い落としてくれるのです。ピーリング石鹸によって落とされた古い角質の後には皮膚が新しいものに生まれ変わるので、シミやそばかすなど...
ピーリング石鹸の使い方
ピーリング石鹸を利用すると、自宅でも気軽にケミカルピーリングが行えます。ピーリング石鹸を使ってどのように洗顔したら美しい肌を取り戻すことができるのでしょうか。ピーリング石鹸を使用する前は、まずぬるま湯で顔をぬらしておきます。しっかりした泡をたてるのがピーリング石鹸を使う際の大切なことで、それにはネットを利用してあわ立てると簡単にたくさんの泡が立てられます。洗うときは肌の上で円を描くようにマッサージしながら洗うと効果的で、特にあごやおでこなど、角質がありそうなところほどていねいにマッサージするとい...
顎整形手術の進歩
顔の整形手術の中で、あごはどのような施術がなされているのでしょうか。小さくかわいらしい顔は女性が憧れる顔で、それには顔の輪郭が大きく影響しています。あごの整形手術は、昭和50年ころまでは美容外科でも骨を削るという方法はあまりせず、あごの骨皮質を少し削るような方法でした。そのころはまだ設備も完全ではなかった上に、あごの整形手術で使われる全身麻酔の負担が問題だったからです。バブル景気以降になると、全身麻酔の技術レベルも上がり、設備が整えられた美容整形外科も増えたため、あごの整形手術に必要な骨きりの技...
顎の整形病院選びのポイント
顎の整形手術を受けたいと思ったら信頼できる病院を探さなくてはなりません。正しいあごの手術が受けられる病院を探すには、どんな点に留意すればいいでしょうか。まず決め手となるポイントで、その医師が日本美容外科学会の専門医であること、そして美容外科に長く勤務しているということがあります。そして選んだ病院がクリニック認定の医療機関であるか、また担当する整形外科医が若すぎず老齢すぎず、経験や技術面でちょうどいいくらいであることがポイントです。顎の整形を受ける前のカウンセリングの時にいろいろと質問して、自分の...
顎の整形手術について
顎も整形手術で形を整えることができます。そして、きれいになりたいがために整形手術に関心がある人は意外といるようです。顎の整形は大きな手術であり、全身麻酔が必要です。そのため、どこで手術を受けるか決める時には、麻酔手術の実績が多く優秀な医師を擁する医院を選びたいものです。正しい手順で施される限り、全身麻酔を受けても大丈夫です。手術では、顎の肉と骨を分けてから不要な部分の骨を切り落とします。きちんとしたクリニックでは、1日一人の患者を丁寧にレントゲンを見ながら顎の整形手術を行います。6時間前後で手術...
基礎化粧品とは
日々のメイクをする前に、誰でも必ず使っているだろうものが基礎化粧品です。基礎化粧品は、肌の保湿や健康状態を維持し、ケアに役立ちます。皮膚は常に刺激にさらされています。外の温度や湿度も肌には刺激になりますし、排気ガスや空気中に漂うチリなどもむきだしの顔に物理的刺激となっています。顔以外の部分は服によって守られていますが、顔の皮膚は常に空気にさらされ刺激を受けている状態です。そして、それを保護する役目をするのが化粧品で、その肌を健康な状態に整え、ケアする為の化粧品が基礎化粧品となります。標準的な皮膚...
基礎化粧品の役目
基礎化粧品は様々な原料のものが販売されており、手作りの基礎化粧品も存在します。基礎化粧品の役目をきちんと理解している方は少ないかも知れません。肌の潤いを保つ化粧水、栄養を与える美容液、汚れを落とし清潔にする洗顔料は全て基礎化粧品の一種です。肌の特性にあわせてさらに基礎化粧品は細かく分類されます。これらの基礎化粧品をひととおり買いそろえようとすると、思ったよりも高い買い物になります。かなりの種類があるからです。肌を清潔に保って汚れから守り、同時に肌に十分な水分を与えることが基礎化粧品の本来の役目な...
敏感肌の基礎化粧品
顔に直接塗る化粧品が肌に及ぼす影響は大きく、敏感肌の人は特に顕著です。化粧品には石油成分が含まれていることがありますが、その場合敏感肌の人は肌が反応し、肌が赤くなったりかぶれることがあります。石油成分の含まれていない、無添加の基礎化粧品は敏感肌の人におすすめです。刺激が少なく、肌への負担も少ないからです。基礎化粧品のうち肌への刺激の少ないものは、天然成分を中心に作られた無添加化粧品です。外的な要因で敏感肌になるわけではなく、抵抗力の低下などの体の内側からの要因によって肌が刺激に弱くなることがあり...
日焼けと日焼け止めクリーム
日焼けとは紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす症状のことをいいます。日焼けの説明でもうひとつできるのが、皮膚表面にメラニン色素が沈着した状態ということです。日焼けは普通、太陽から皮膚への紫外線照射、また紫外線人工灯などを使用した場合の皮膚への紫外線の過剰照射の結果として発生します。皮膚が受けた紫外線が、メラニンの保護する力では及ばなかった場合に、日焼けしてしまいます。このメラニンの保護能力の多さの問題により、肌が黒い人は白い人に比べて日焼けしにくいというわけです。紫外線が、日焼...
日焼けの原因と対策
紫外線が日焼けの原因といっても、それだけで日焼けができてしまうわけでもないのです。日焼けは、紫外線が皮膚に当たることで、皮膚の中の基底層という部分でメラニン細胞が、紫外線からメラニン色素を作り出すことで起こります。メラニン色素を作り出すことで、シミ、そばかすも同様に出来ます。紫外線の種類には代表的なものに2つありUVBとUVAと呼ばれています。皮膚が赤くなって日焼けするのがUVBの働きで、黒くなって日焼けするのはUVAの働きです。紫外線は普通の生活の中で日焼けをする原因を作っているといえます。外...
日焼けと皮膚の関係
日焼けに対するイメージは人それぞれですが、皮膚にとっては決していい事ばかりではありません。昔のイメージでは日焼けをしている肌は健康的な肌で良いイメージとされていましたが今は違います。日焼けによる体へのダメージがクローズアッされており、日焼けによって白内障の原因になる場合もあるようです。日焼けとは紫外線が皮膚の内部に入ってきた場合に、皮膚からメラニン色素が生まれ、そのまま入り込もうとするのを防ぐためにおきる現象なのです。日焼けはシミやシワをはじめとする皮膚の老化にもつながる要因になるため、20代以...
日焼け止めクリームの成分
日焼け止めクリームは、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤という2つの成分から作られているのです。日焼け止めクリームの成分である紫外線散乱剤の効果は紫外線から肌を守ることです。紫外線散乱剤を肌に塗ると、これが紫外線を反射して肌が日焼けするのを防いでくれます。紫外線から肌を守る役目をする紫外線散乱剤は紫外線吸収剤に比べて肌への負担が少ないのも特徴です。紫外線吸収剤の量が少なめになっている日焼け止めクリームの場合、紫外線カットの力は弱いでしょう。主に紫外線散乱剤で構成されているものがほとんどです。紫外線吸収剤...
シャンプーで発毛を促進する
酵素と栄養を毛母細胞に行き渡らせる働きがあるシャンプーによる洗髪は、発毛を促進するために頭皮を清潔に保つためにも欠かすことができません。洗髪は発毛を促進させるためには有効な方法です。シャンプーはたくさん使えばいいというものではなく、適切な方法で行わなくてはなりません。指の腹で頭皮を優しくマッサージするように洗うことが、シャンプーによって発毛を促進させるためには有効な方法です。ブラシを使ってのシャンプーは頭皮に傷がつく恐れがあるから、頭皮にはよくありません。頭皮に傷がつき角質が剥がれ、皮膚の下にあ...
発毛と生活習慣
生活習慣病と発毛には非常に深い関係があり、発毛を促すためにはやってはいけないことがいくつかあります。毎日発毛を促進するために髪に良いことを続けていても、それと同時に髪によくないことをしていては元も子もありません。飲酒そのものが髪に良くないわけではありませんが、発毛に悪影響なのは過度の飲酒です。酒量が一定量を超えると血液循環が悪くなります。さらにお酒を飲みすぎると肝臓を酷使することになります。すると髪の毛を構成するたんぱく質の作られる量が減ってしまうのです。過度の飲酒は頭皮の健康のためによくありま...
アイプチで二重になりたい
二重まぶたに憧れる女性は今世の中に大勢いるといえます。二重になりたいという女性におすすめなのがアイプチです。これは整形せず手軽に二重まぶたになれるアイテムです。接着剤のようなものをまぶたの上につけるアイプチを使えば、二重まぶたを簡単にメイクをするように形成することができるものです。二重をアイプチで作ることはコツつかむまではなかなかやりにくいかもしれませんが、慣れてしまえば簡単に二重になることができます。そしてこれは整形手術をするわけではないので、費用もそんなにかからないでしょう。二重になりたい人...
プチ整形で二重になりたい
二重になりたいと思ってアイプチを長年使用していると、やはりまぶたの皮膚がかさついてきたり、面倒になったりと限界を感じることがあるでしょう。数年間アイプチを使用しても二重のクセがつかない人でどうしても二重になりたいという人は、二重に整形することも視野にいれると良いかもしれません。いくら二重になりたくても、本格的な整形手術に抵抗を持っている人が多いのではないでしょうか。そんな人におすすめなのがプチ整形です。二重まぶたになりたい人のためのプチ整形の種類には埋没法があります。埋没法で二重まぶたを作る方法...
切開法で二重になりたい
二重になりたいと整形を考えている人は、プチ整形だけではなく本格的に整形をしたいという人もいるでしょう。二重の整形手術のひとつでに切開法というものがあります。余計な脂肪があればそれを取り除くために、まぶたの皮膚を切開する方法です。皮膚を切ってつなぎあわせることで、余分な皮膚がある場合には取り除き、二重にすることができます。現在つないだ糸の抜糸を行わない方法と、術後に抜糸を行う方法の2通りが、プチ整形法の切開法にはあるようです。費用は、切開法のほうが埋没法よりもかかり、負担も大きいといえるでしょう。...
まつげの育毛とお手入れ
太陽の日差しや異物の侵入から目を守るのがまつげ本来の役割です。外見の印象を良く見せるのは、長くてぱっちりとした見栄えのするまつげです。まつげのお手入れをして一本一本のまつげを太くしたり、まつげの本数を増やして育毛をしたいと思う人はたくさんいるのではないでしょうか。まつげは目を大きく見せる大切なアクセントですが、お手入れや育毛は意外と関心のない人が多いようです。まつげに与えるダメージを知らず、毎日のお化粧でマスカラメイクやビューラーを多用する人も多くいるようです。加齢と共に本数が減っていくのは、髪...
まつげ育毛剤の成分とタイプ
まつげ育毛剤についてご紹介します。どんな成分と種類なのでしょうか。マスカラやエクステのように、まつげを大きく濃く見せるためのも広く売られていますが、まつげを育毛して、自前のまつげを増やすということはあまり注目されていないようです。実はたくさんまつげの美容液やまつげの育毛剤のタイプはありますし、探せば色々と売られています。濃いまつげを持っている人とは、本数が多く長くて、まつげ一本一本が太くしっかりとしていて、ハリのあるまつげの人でしょう。まつげはわずかな部分でしか顔の中で占めてはいません。しかし外...
まつげの育毛はケアが大切
自前のまつげを痛めないように、まつげの育毛には抜けないためのまつげケアも重要なことです。新しいまつげを生えやすくするためには、まつげの毛根を健康な状態に維持することが不可欠です。まつげはとてもデリケートな部位で、少し引っ張っただけでも抜けてしまいます。目の周りの皮膚は薄いところです。乾燥や肌荒れでまぶたの毛根を痛めないように注意することが大切でしょう。まつげにも頭髪と同じように成長サイクルがあり、頭髪の約半分のスピードで成長します。まつげの成長のスピードが滞らないようにすることがまつげの育毛ケア...
顔の脂肪を取りたい
顔の脂肪を取りたいと思うのは、ある一定の年齢を超えるとどうしてもフェイスラインが崩れてきたり、顔全体がたるんでくるからです。顔の脂肪を燃焼させたい、何とかするために顔の脂肪を取りたいと思う人は決して少なくありません。ですが顔の脂肪だけを取ることはとても難しいことです。顔の皮膚はとてもデリケートで、脂肪を燃やすほどの顔面運動やマッサージは皮膚に負担がかかりすぎます。フェイスマッサージやエクササイズは、顔の脂肪を取るのではありません。これは血流をよくして顔の新陳代謝を活発にするものです。それにより、...
顔の脂肪を吸引する
顔の脂肪、頬やあごについた脂肪を吸引して取り除くには整形手術という方法があります。美容外科などで行う顔の脂肪吸引がそれで、フェイスラインをすっきりさせるための法方なのです。脂肪吸引は太ももやお腹のまわりの脂肪取りに主に使われると思われがちですが、顔にも使われているのです。手術にはそこそこの料金が必要なので、値段体系もきちんとわかっておくようにし、手術後に保障されているアフターケアなどもはっきり聞いておくようにしましょう.顔の脂肪吸引では、カニューレという細い金属製の管を使って顔の皮下脂肪を吸い出...
顔の脂肪対策マッサージ
顔マッサージは、顔の脂肪を減らす対策としてのもうひとつの法方です。顔のマッサージでは、そうすぐには脂肪が減ってくるものではありませんが、顔の皮膚にあまり負担を与えることもなく、自然にフェイスラインを引き締められるのです。顔マッサージをして脂肪を除くというのではなく、マッサージをすることで血行促進、新陳代謝の活性化を図り、むくみをなくして顔の脂肪が燃えやすくなるような体に変えるのが目的なのです。顔の脂肪を取るためには、お風呂に入っているときにマッサージをするのがいいようです。それは体が温まって新陳...
洗顔が必要な理由
洗顔の正しい方法を知る前に、まず洗顔を何のためにするのか、どうして洗顔が必要なのかを知っておきましょう。朝はなにかとあわただしく、また遅く帰った夜も疲れていて、とかく洗顔をサボってしまいたくなるものです。そんな思いも洗顔の本当の大切さ、どうして洗顔が必要かを知ることができれば、洗顔を省いてしまおうなどとは思わなくなるでしょう。人の皮膚は、約4週間から6週間という周期で新しい皮膚へと生まれ変わります。新しい皮膚が下から生まれると、古い皮膚は剥がれ落ちるという仕組みで、顔の皮膚はいつも生まれ変わって...
洗顔料の選び方
洗顔で大切なことは、その法方でもありますが、その前に自分に合う洗顔料を決めることでもあります。洗顔料の選び方次第で、洗顔法方も変わってきます。洗顔料のCMでは弱酸性の優しい洗い上がりを宣伝するものが目立ちます。肌への負担が少しでも軽くなるように、私たちの皮膚の表面と同じ弱酸性である成分を使っているのです。けれども洗顔料が弱酸性であったとしても、洗い流すときに使う水道水は中性なのです。法方のいかんに関わらず、洗顔が終了した時点では、いつも肌は中性なのです。人間は肌にアルカリ中和能力というものを備え...
洗顔前の準備
洗顔法方をきちんと把握している人はなかなかいないもので、自分流の人も多いことでしょう。洗顔の正しい方法を知ることが洗顔の効果をアップさせるポイントで、顔を洗う動作そのものには時間はそういりません。顔を洗うときは、髪が邪魔になってしっかり洗えないようなことのないよう、ヘアバンドなどで髪をまとめあげ、額や耳の前、それから髪の生え際などもきちんと洗えるように準備しましょう。洗顔前の準備として石けんで手をよく洗ってください。洗顔料の泡立ちをよくするためには、手が汚れていてはだめなので、洗顔前の手洗いも大...
顔の毛穴の黒ずみ原因
顔の毛穴が黒ずむのは、意外に目立つので気にしている人も結構いるでしょう。それでは顔の毛穴の黒ずみは、何が原因で起きるのでしょうか。毛穴の黒ずみは、毛穴を詰まらせる角栓が原因でできるのです。角栓とは顔の毛穴から分泌される皮脂と古い角質が絡み合うことによってできるかたまりのことです。分泌された皮脂は、もともと皮膚の外へ流れ出し、皮脂膜によって自然に保湿パックをするものなのです。しかし顔の毛穴付近の古い角質が残っていると外に出ようとする皮脂と絡み合って毛穴を詰まらせてしまうのです。しかも角栓ができやす...
洗顔で毛穴の黒ずみを解消する
顔の毛穴ケアで一番気をつけたいことは、正しい洗顔の法方です。毎日の洗顔が正しく行われていなければ、顔の毛穴が開きやすくなり、黒ずみやすくなってしまいます。それでは毛穴の黒ずみをなくすための正しい洗顔法とはどんなものでしょうか。まず洗顔前の準備として蒸しタオルを2〜3分顔にのせて顔の毛穴を開きます。入浴後にも毛穴は開いているのでそのタイミングでの洗顔もおすすめです。洗顔の際は石鹸や洗顔料をよく泡立てることがポイントです。泡立てをしっかりせずに指で力強くごしごし洗うような法方を取ると、顔の皮膚や毛穴...
顔の毛穴を引き締める
顔の毛穴がトラブルに陥らないためには、洗顔後に毛穴を引き締めることが重要なポイントになります。毛穴が開いた状態で放置していると、そこに汚れた皮脂や古い角質、ほこりなどが入り込んで、毛穴の開きや黒ずみがむしろスキンケア前よりも悪くなってしまうということも結構あるのです。顔の毛穴を引き締める方法は、まず丁寧な洗顔とスキンケアの毎日の継続がポイントです。正しい洗顔で角栓の除去をすることが大切です。洗顔が終わったら、化粧水で毛穴を引き締めましょう。ビタミンC配合の化粧水がおすすめです。冷蔵庫で化粧水を冷...
顔の脱毛をする理由
洗顔や基礎化粧など、顔のお手入れを欠かさずしているのにもかかわらず、顔がくすんで見えたり化粧のノリが悪かったりしている人はいませんか。そういった人は、肌の状態ではなく顔の産毛が多いためという可能性もあります。黒い体毛が日本人の特色ですから、産毛もたくさん揃うとそれなりに色味が出てくるのです。肌を白く整えていたとしても、黒く濃い産毛に遮られていては、黒ずんで見えても無理はありません。顔の脱毛処理は、顔全体を黒っぽく見せてしまう産毛を処理し肌の白さをアピールできます。どうせ顔の脱毛を行うならば、うぶ...
顔の脱毛を自宅でする方法
肌のお手入れの延長のような感覚で、家庭で簡単にできる脱毛の手段が存在しています。カミソリやシェーバーを使い剃ったり、毛抜きで抜いたり、市販されている顔の脱毛用のクリームを使ったりする顔の脱毛方法です。もちろんエステサロンやクリニックでも、永久脱毛など顔の脱毛ケアを施術してくれますが、高い費用がかかるというコストの点で問題があります。金銭的な問題があるなら、家での脱毛がいいでしょう。カミソリやシェーバーで剃った場合は、永久脱毛ではありませんので、必ずまた毛は生えてきます。こまめにお手入れが必要です...
人気の顔の脱毛方法
脱毛フェイスパックを使って顔脱毛をするという方法は、手軽に時間をかけずにできます。フェイスパックには粘着成分が含まれており、肌に密着させた後、しばらく時間をおいてからはがすだけという顔の脱毛方法です。この方法では、顔のムダ毛や産毛だけでなく、黒ずんだ角質なども一息に取り除くことができます。うまく塗ることができたならは皮膚トラブルも起こりにくく、家庭で手軽に取り組むことが出来る脱毛方法だといえます。脱毛をしたい部位が狭くわずかならば、毛抜きや脱毛テープでピンポイントに処理した方がいいかもしれません...
にきびケアと化粧品
日頃から自分に合った基礎化粧品を選ぶことが、にきびの予防やにきび跡のケアには大切なことです。そしてにきびが出てしまった時はメイクをしないようにしましょう。にきび跡のケアに関係してくることとして、洗顔も自分にあった洗顔料を用いて行い、適切な肌のケアをすることが重要です。にきび跡を改善するためには、化粧品はメイク用のものは適しません。とくに毛穴を塞ぐファンデーションはにきびを悪化させる要因となりますので、肌には良いものではありません。にきび跡は、ごしごし摩擦したり、刺激の強い化粧品を使うとさらに濃く...
にきび対策のための化粧水
化粧水の選び方についてですが、にきびのできやすい人、にきび跡が残る人はどのようなタイプがあっているのでしょうか。そして化粧品をにきびが出来た際に使う時にはどんなことに気をつければよいのでしょうか。保湿はにきび予防にもにきび跡のケアにも重要なポイントです。にきび跡があるからと肌がベタベタするのを嫌って化粧水をあまりつけない人がいますが、それは良くありません。もし化粧水の使用を控えてしまうと、保湿がおざなりになってしまいます。すると皮膚は肌を乾燥から守るために余計な皮脂を分泌し、その皮脂によってにき...
にきびケアの化粧品
にきび跡が残った肌や、にきびのある肌などにも心配することなく使えるにきびケア用の化粧品はどんなものがあるのでしょうか。毎日のメイクは休めませんが、化粧品でにきび跡を隠すことに躍起になっていてはついついメイクが厚くなり、肌への負担が増すばかり。これでは本当の肌は悪くなるばかりです。にきびができている肌にも優しい化粧品を使うことで、肌に負担にならないメイクを心がけたいものです。色々なメーカーからにきびケア用の化粧品は、シリーズで販売されているようです。無添加、自然派の化粧品は、とくににきびケアにぴっ...
背中の脂肪のお手入れ
目が届かない背中は、どうケアをすべきでしょう。背中は、体の各部位の中でも特に汗が出やすい部位です。汗をかくこと自体は汗腺が開き適正な体温調整が行われている現れです。代謝機能が優れていることで、むしろいいことです。汗は背中ににきびが出来やすくなったり、においの原因になったりするのも事実です。視界に入らないために見逃されがちな背中ですが、背中の汗対策、脂肪対策を行うことが大事であるという認識は必要です。背中のケアのためには、汗で濡れてしまった下着を着替えてみるということも効果があります。シャワーを使...
円形脱毛症の症状について
どんな人でも、円形脱毛症はかかる可能性がある病気だといえます。円形脱毛症は自覚症状がないことが多く、ある日突然に境目がはっきりした脱毛斑が発生します。10円玉サイズの範囲の頭髪が抜ける症状が一般的ですが、頭髪全体が抜ける場合や、まつげや体毛に及ぶこともあります。脱毛の勢いが激しく、髪の毛の脱毛した部分が突然一気に抜けることが円形脱毛症の一番の特徴なのです。脱毛症状が進行中である場合には、円形脱毛症の症状が見られた時に脱毛斑の周囲の毛を軽く引っ張って髪が数本抜けてしまいます。原因はストレスである円...
円形脱毛の原因について
今の医学では円形脱毛症になる原因がはっきりとはわかっていないとわれています。ストレス、遺伝的な要因、自己免疫の過剰反応などが原因に考えられているようです。ストレスによって円形脱毛症になる場合、3ヶ月以内に起きた生活環境の変化や心理的なストレスがきっかけになっていることが多いと考えられています。遺伝で円形脱毛症が起こることは実験などで確認されています。二卵性の双子では片方のみの発症があったのですが、一卵性の双子では両者の発生率が高いという報告もあるようです。円形脱毛症の原因が免疫系にある場合、自己...
コンドロイチンと神経痛
神経痛には、コンドロイチンが効果的だといわれています。この神経痛の特徴は強烈で電気的な痛みです。そして寒さや気圧の変化など、わずかな環境の変化で痛みが悪化してしまうのです。冷たい風が顔に触れるだけでも激痛が走るほどつらいものが、神経痛の中でも典型的な三叉神経痛と呼ばれるものです。酵素や栄養素はグリア細胞という細胞から、神経細胞に補充される仕組みです。このグリア細胞の働きはコンドロイチンなどを含むムコ多糖を分泌するというものです。このムコ多糖体の働きは、動物の細胞や繊維、組織、器官の間をしっかりと...
コンドロイチンと美容
サプリメントの中でも、美容に役立つものとしてコンドロイチンは有名ではないでしょうか。コンドロイチンの保水力は美容にも重要な役割を果たしています。赤ちゃんのお肌がつるつるで張りがあるのは、皮膚の中にたくさんの水分を保持しているためです。ある程度の年齢になると、体内のコンドロイチンが少なくなってきて肌に水気を蓄えておく力が失われていってしまいます。すると肌の水分が失われて肌が乾燥してきます。体を保護し水分の蒸散を防ぐ働きのある皮膚は、一番外側にある部分で表皮と呼ばれています。血管、神経、筋肉などがま...