ダイエット・美容・エステ・健康・サプリ

健康エントリー一覧

甜茶を飲んで花粉症対策
甜茶とは中国の甘いお茶で、植物学上のお茶とは異なる木の葉から作られた甘いお茶の総称であり、古くからある薬草茶のひとつです。中国では多くの幸せを願い、旧正月に甜茶を飲む習慣があるようです。甜茶に含まれている甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)には、アレルギーを抑える力があるといわれています。それで喘息やアレルギー性鼻炎、花粉症などの人が飲むと改善されます。花粉症を引き起こすものは、そのアレルゲン、すなわち抗原が元です。花粉などの抗原が体内に入り込んだ場合、抗体という免疫物質と結びついて体に良くない作用...
甜茶の特徴と効能
甜茶の特徴は上品な甘さで飽きが無く、後味がよい所です。甜茶は薬と違い、1年中飲んでも何も害はありません。カフェインは含まれていないので、寝る前でも気にせず飲むことができ、妊娠中授乳中でも大丈夫です。副作用を気にすることもなく、安心してお子様やお年寄りにも勧められます。ミネラルのバランスがとれているお茶で、体内に吸収されやすくなっており、体質改善につながります。甜茶には喘息などのアレルギーや、花粉症に効くとも言われているのです。中国南部、広西省というところに自生している甜葉懸鈎子が甜茶の原料で、バ...
甜茶の正しい飲み方
甜茶の正しい飲み方を紹介します。沸騰したお湯で3〜5分間に出すこと、これが甜茶の有効成分、ポリフェノールを十分に抽出するためのポイントになります。ポリフェノールの抽出の度合いは、甜茶の甘みの強さと比例していると考えたらいいでしょう。花粉症の対策として甜茶を利用する場合、飲むのは花粉が実際に飛び始める2週間前くらいから飲むといいでしょう。朝昼夜と最低1日に3回以上飲むと効果があります。ただし花粉が飛び始めてから飲み始めても効果はあまり期待は出来ません。甜茶を煮出す際に、クコの実を入れてみるのもいい...
青汁三昧のケール
さまざまな青汁に使われ基本の材料となっている野菜、ケールは、青汁三昧にも三大原料の一つとして含まれています。和名ではハゴロモカンランと呼ばれているアブラナ科の野菜で、キャベツの原種ともいわれています。青汁三昧の原料であるケールは、江戸時代に地中海地方から初めて日本にやってきたもので、明治時代にいくつかの品種が導入されました。ケールという野菜は、日頃あまりなじみがないものであるばかりか、普通に調理してもあまり美味しくありません。このため、一般的な八百屋やスーパーマーケットでは取り扱っていません。し...
青汁三昧の大麦若葉
青汁三昧に含まれる三大原料の一つに大麦若葉があります。これは、字義通り大麦の若葉であって、20〜30センチまで成長した時点で刈り取った上で青汁三昧に加工されます。大麦若葉を原料として青汁を作ることで、味がよく飲みやすい青汁ができることが知られています。大麦若葉を使うことで青汁三昧の飲みやすい青汁ができあがります。成長の盛りに収穫されることから、大麦若葉にはビタミンやミネラルといったさまざまな栄養素が、他の緑黄色野菜に比べてバランスよく含まれています。大麦若葉とホウレン草とを比較すると、ビタミンC...
青汁三昧のゴーヤー
青汁三昧に含まれる三大原料の中には、ゴーヤーが入っています。ゴーヤーは、最近ではスーパーなどの店頭でもよく見かけるようになりましたが、もともとは沖縄の野菜です。青汁三昧に使われれているゴーヤーの味は苦く、そのため苦瓜とも呼ばれています。沖縄においては、ゴーヤーの苦みは血圧を安定させ、血液をきれいにする成分を含んでいると言われていました。ゴーヤーは、ビタミンCやカリウムといった成分を豊富に含むことから健康に良く、青汁三昧に適した野菜です。青汁三昧のゴーヤーの果皮にはモモルデシンやチャランチンという...
運動によりメタボリック対策をする
運動をすることは、毎日の食事を改善することに並んでメタボリック対策として大切なポイントです。脂肪がついてしまったお腹まわりをすっきりとさせなければならないのが、メタボリックシンドロームなのです。そういうわけで、運動をすることが当たり前ですが不可欠なことです。体を強化するためにも、時間のある人は勇気を出してジムに通うこともひとつの方法です。元々運動が得意だった人は、体をよく使う運動に再チャレンジしてみるのもいいでしょう。しかしメタボリック対策の運動のために、多忙な毎日の中でそのための時間をとるのは...
メタボリックシンドロームは生活習慣から
生活習慣の見直しは、メタボリックシンドロームにならないためにはとても重要です。食事や運動といった対策のほかに、忘れてはならないメタボリック対策だといえるでしょう。生活習慣としてのメタボリック対策の中でも一番注意したことがタバコとお酒です。お酒をいつもかなり飲む習慣があり、タバコも吸うという人は、これを辞めるというのはなかなか厳しいことではないでしょうか。メタボリックを改善する対策として、お酒とタバコの生活習慣を断つことは非常に大事な項目なのです。すっぱりと縁を切ることがどうしてもできない場合があ...
メタボリックシンドロームについて
メタボリックシンドロームとは内蔵に脂肪が蓄積するなどで肥満症や高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病が起こりやすくなっている状態のことを指します。重なって発生しやすいのがこれらの病気の特徴で、また病気が重なるにつれ、動脈硬化へとつながりやすくなっています。がん、脳卒中、心臓病、これら3つの疾患が、日本人の三大死因といわれています。その中の心臓病と脳卒中が入っている、いわゆる循環器病の元となるのが、この動脈硬化なのです。そんな生活習慣病にならないようにするためには、まずメタボリックシンドロームこ...
メタボリックシンドローム予防のための食事
メタボリックシンドロームは病気につながる状態のことで、実際の病気ではないのです。そしてこれといった体で感じる症状がない場合でも、メタボリックシンドロームと診断できる場合もあるのです。自覚症状がないのがクセモノで、そのために予防が難しく、動脈硬化の症状が出るまで気づかないこともあります。しかも動脈硬化の場合初期症状はほとんどなにもないのが普通で、体に何か変化を感じ始めたときは、すでに予防では間に合わず、病状がかなり進んでいる場合もよくあるのです。メタボリックシンドロームが進んでからの改善は困難です...
メタボリックシンドローム予防のための食事
メタボリックシンドロームは病気につながる状態のことで、実際の病気ではないのです。そしてこれといった体で感じる症状がない場合でも、メタボリックシンドロームと診断できる場合もあるのです。自覚症状がないのがクセモノで、そのために予防が難しく、動脈硬化の症状が出るまで気づかないこともあります。しかも動脈硬化の場合初期症状はほとんどなにもないのが普通で、体に何か変化を感じ始めたときは、すでに予防では間に合わず、病状がかなり進んでいる場合もよくあるのです。メタボリックシンドロームが進んでからの改善は困難です...
イオン導入機の正しい使い方
イオン導入機はたくさん販売されていて、メーカーによってイオン導入機の使用時間も異なります。自分でスキンケアする場合は、1回の使用時間はだいたい10分以内です。合計で10分以内であり、ビタミンC誘導体の導入に3分、プラセンタ原液を5分というように数えます。肌質にもよりますが、イオン導入機は3〜4日おきに使う程度に留めます。回数が多いと肌の負担になります。イオン導入機は個別の構造がかなり異なるので、それぞれ使用説明をよく読んでから操作すべきです。毎日の使用は皮膚への負担になるので、過剰な刺激を与えな...
コラーゲンでアンチエイジング
いくつになっても若くありたいと思うのは、誰もが持つ願いでしょう。けれども年をとることを食い止めることはできません。こんな完全に食い止めることは不可能な老化でも、その進行を少しでも阻み、若さを保っていこうとするのがアンチエイジングです。老化を食い止める策すべてがアンチエイジングということができ、それは健康を維持するための運動であったり、肌を守るための化粧品、また体を中から守るためのサプリメントだったりします。美容整形でからだのあらゆるところに施術をしてらうという方法もあり、それにはしわを取るための...
フラコラ500とフラコラコラーゲンバー
そのサクサク感とシットリ感が魅力のフラコラコラーゲンバーという商品は、フラコラ500の関連品ですが、これは玄米フレークが入ったバーで、その食感がなかなか好評のようです。このフラコラコラーゲンバーを1本食べるとkコラーゲン2500mgを摂ることができるので、1日に必要とされるコラーゲン10,000mgから計算して、1日に4枚食べるといいということになります。1日4枚であればあっという間に食べることができ、こんなフラコラコラーゲンバーならずっとコラーゲンを摂ることができるでしょう。もちろん1本ずつ包...
ダニが発生する原因
ダニが発生する原因は3つあり、ダニは3つの条件がそろうと大量に発生します。まず隠れる場所があるということと、えさがあるということ、そして部屋の温度が20〜30度、湿度が60〜80度ということが条件です。ダニが大量に発生する要因として、特に高温多湿が考えられます。それからかびというのもダニのえさになるため、カビを作らないようにすることも大切です。掃除ができていなかったり、部屋の換気も悪かったり、それから畳の上にカーペットなどを重ね敷きしていたりすると、ダニにとっては大変住み心地いい場所ができてしま...
ダニが耳にわく
ダニは様々な病気をもたらすといわれていますが、海外でこんな怖い例がありました。ニュージーランドに住む男性が、2年間にわたり耳の違和感と鳴り止まない騒音に苦しんでいました。男性は病院に通うも原因が分からず、はじめは耳の中で泡のような音やキーキーという音が続き、夜になれば音はさらに大きくなり、眠れぬ夜をずっと苦しんでいました。やがて耳の中で変化が起きました。ひどい痒みが起き、昼夜問わず綿棒で耳の中を掻き毟るが、一向におさまらず、まさに最悪の状態になってしまいました。男性は、病院で耳の中を2度ほど洗浄...
ダニ退治の掃除方法
ダニを寄せ付けないで、快適な家を保っていくためには、まずは掃除をきちんとすることが第一で、そんなダニを退治できる適切な掃除方法を考えてみたいと思います。床掃除の場合、ダニが住みにくいという点ではジュータンなどよりフローリングのほうが適していますが、その掃除はどのようにしているでしょうか。よく先に掃除機をかけ、そのあとでワイパーなどでふき取ることがありますが、ダニを退治するためには、ワイパーは先に使ったほうがいいのです。それは掃除機をかけたとき、ダニの死骸やほこりなどが掃除機の排気で舞い上がってし...
髪の毛を増やす育毛方法
現代人の髪は昔に比べると薄くなっているようですが、頭髪を気にしている方、漠然と髪が減った気がする方や抜け毛が多くなった方は育毛や養毛を意識しているかもしれません。一口に育毛といっても、方法は大きく分けて2つです。これから新しく生やすべき頭髪のための育毛、もう一つは今ある髪をより豊かに、抜けない髪を目指す育毛です。自分自身の頭髪をできるだけ育てることが、最初に取り組むべき育毛です。本来の髪の寿命よりも早く髪が抜けてしまわないように髪の環境を整えて健康を守ることが育毛のポイントなのです。様々な要因が...
魚の目は皮膚科で受診
意外に多くの人が足の裏の魚の目やタコにわずらわされています。これらを治すために病院に行く人は相当数いるようです。魚の目があるからといって命を落とすようなことにはなりませんが、厄介な存在には違いありません。この厄介な魚の目とは具体的にどのようなものなのでしょうか。魚の目は皮膚の角化によって起こり、その理由は皮膚への摩擦や圧迫など。その形状から鶏眼とも呼ばれます。病変した部分の中心には、半透明の硬い目が確認できます。痛みは、この目の部分が感覚神経を刺激しているためです。悪化して痛みが激しくなると歩け...
魚の目の治療方法
もし魚の目らしい症状が出たら、皮膚科に行くことをお勧めします。皮膚科では、魚の目に対してどういった対応をするのでしょうか。症状の進み具合によって、皮膚科での対応も少しずつ違います。外科手術が行われるのは、魚の目の程度がとても大きい場合です。手術によって患部を切り開き、魚の目の芯の部分を直接除去するという治療です。皮膚科によってはレーザーや液体窒素を用いるところもあり、また、麻酔をして芯を完全に取り除くこともあります。再発を防ぐためにはタコのように削るだけではなく、きちんと取り除かねばなりません。...
魚の目ができる原因
ズキズキと煩わしい魚の目は、一体どのような要因でできてしまうものなのでしょう。皮膚科で最初に聞かれることは、たいていの場合、足に合わない靴を履いてはいないかという点でしょう。例えば通信販売などで靴を買って多少サイズが合わなかった場合ついつい無理して履き続けてしまうこはないでしょうか。しかし、足のサイズと靴のサイズに違いがあると、足の指の付け根が靴で圧迫される原因になったり、足の甲が広いために先の尖り気味な靴だと左右から締め付けられることで、魚の目の原因となります。魚の目ができるのは、刺激を受け続...
抜け毛の基礎知識
洗髪をしたときに、排水溝に溜まった抜け毛にハッとしたことがあるかもしれません。髪というものは、本来常に生え変わるものであり、一生抜けない毛はないのです。また抜け毛の進行速度は、ゆっくりだったり急速だったり人それぞれで個人差があります。自然脱毛による抜け毛の場合は、健康な髪が、発生期・成長期・休止期・退化期というヘアケアサイクルによって起きる自然の抜け毛ことをいいます。1日の抜け毛が100本程度迄は、一般的に自然の抜け毛であると言えるでしょう。年齢とともに抜け毛が増え、コシがなくなったり、ボリュー...
抜け毛の基礎知識
シャンプーの後に排水溝に溜まったたくさんの抜け毛にハッとしたことはないでしょうか。もともと髪というものは一生抜けない毛というのはなく、常に生え変わるものなのです。そしてゆっくりだったり急速だったりと、抜け毛の進行速度は人それぞれで個人差があるものです。自然脱毛による抜け毛の場合は、健康な髪が、発生期・成長期・休止期・退化期というヘアケアサイクルによって起きる自然の抜け毛ことをいいます。普通は1日の抜け毛が100本程度くらいは抜けますので、これは自然の抜け毛だといえます。普通の抜け毛の一種で、年齢...
抜け毛の原因
人によっていろいろと違うのが抜け毛の原因ですが、大きく分けると以下の4つになるのではないでしょうか。1つ目の抜け毛の原因と言われるものは遺伝で、抜け毛の要因は遺伝的なものである考えられています。しかし現段階では、まだはっきりとは証明されていません。抜け毛が遺伝によっておこる場合は、隔世遺伝するケースが多いという報告もあります。男性ホルモンが頭部に運ばれやすいという特徴が、抜け毛になりやすい体質のにはあるのも事実です。また、ストレスによって頭部の筋肉が収縮してしまい、結果として髪の毛が成長出来なく...
抜け毛の予防
いろいろな原因がある抜け毛ですが、その予防も原因に応じて違っていますのでご紹介しましょう。洗髪をすることは髪の毛や頭皮をいつも清潔に保つためには不可欠です。頭皮の汚れを1日に1回必ずシャンプーで清潔にすることが大切です。仕事などでヘルメット等をかぶる人は特に念入りにおこないましょう。洗髪を過度にしすぎたり、すすぎをきちんとしなかったり、シャンプーが自分に合っていないと効果はありません。育毛剤も抜け毛の予防に役立ちます。どの育毛剤も共通して頭皮の栄養バランスを良くしてくれます。種類によっては予防効...
育毛剤を比較する時のポイント
どのような点に注意して、育毛剤を比較していけば良いのでしょうか。どんな人でも新しい育毛剤を使う時は、前よりいい育毛結果を期待するのは当然です。期待の度が過ぎると、育毛剤を使う前からあった産毛や毛を育毛剤の効果とぬか喜びしてしまいがちです。たった一ヶ所の変化で効果があったと喜ぶのは判断が早急すぎるといえるのではないでしょうか。育毛剤の比較は時間がかかりますので、本当にその育毛剤の効果なのかじっくり見定めましょう。1ヶ月か2ヶ月の育毛比較で結論は出せません。なぜなら髪が生え替わるサイクルは半年程度だ...
育毛サロンを比較する方法について
さまざまな育毛剤がありますが、そんなところに着目して比較すればよいでしょうか。育毛知識をあらかじめ持っていれば、育毛の商品やサービスについて説明を受けるときに、自分から質問などをすることができるでしょう。受け身の立場で聞いていると育毛比較はうまくいかないものです。説明者のペースに巻き込まれて、いいことばかりを吹き込まれたというようなことにならないように、聞くだけではなく、疑問、デメリットもきちんと聞いておかなければならないのです。本命の育毛サロンがあるならば、事前に別な育毛サロンを訪れて見ましょ...
育毛比較のためには育毛カウンセラー
育毛サロンにおいて、育毛の比較をするためにカウンセラーに相談してみる場合があります。適切な育毛比較ができず迷う人の中には、育毛の専門家の意見を必要とすることがあるかもしれません。限られた知識しか持ち得ない人が1人であれこれ考えるよりも、経験を積んだプロフェッショナルの意見を聞けば、一目瞭然という場合もあるでしょう。サロンの中には毛髪診断士、または育毛カウンセラーという肩書きを持った人もいるでしょう。毛髪会社に努める育毛カウンセラーである限り、その会社の育毛製品を売り込むことがまず第一であるという...
薄毛を予防しよう
薄毛と言われてイメージするのは中高年の男性の姿がほとんどではないかと思われます。けれど、薄毛の悩みは中高年男性だけのものではなく、性別や年齢に関係なく悩みの種なのです。薄毛とは、何らかの原因で髪が抜け落ち、頭皮が目立つようになることを言います。髪の一生はヘアサイクルと呼ばれ、成長を繰り返しています。休止期、成長期、後退期と呼ばれています。最も一般的なヘアサイクルは7年〜2年です。個人差はありますが、この中で髪は成長を繰り返します。ヘアサイクルの2年から7年の間が頭髪にとっての成長期になります。成...
薄毛予防は髪の手入れから
薄毛対策には育毛剤、植毛、エステと金銭的な負担が大きいものばかりが連想されますが、まずは費用のかからない薄毛対策に取り組んでみてはどうでしょう。低コストの薄毛対策方法として、頭皮をマッサージするという方法があります。頭皮をマッサージすることで血行が良くなり、髪にも栄養が行き届きやすくなります。抜け毛予防には髪と地肌を清潔に保つことが大事ですので、シャンプーとマッサージは効果があります。使用するシャンプー剤には、低刺激のものを選ぶようにしてください。シャンプーは綺麗に洗い流し、すすぎ残しのないよう...
薄毛予防と生活習慣
毎日の習慣を改めてチェックし直すことは、立派な薄毛対策です。午後10時〜午前2時は新陳代謝が盛んに促され、毛根の細胞の働きが盛んになります。頭皮の中で新しい髪が作られ、古い細胞と置きかえられていく時間です。10時までには就寝していることが、新しい髪を作り豊かな頭髪を得るために必要なのです。また、現代では多くの人がストレスを抱え込んで生きていますが、髪にとってもストレスは悪影響を与えます。強いストレスは毛細血管を縮めて血流を悪くし、髪へ栄養が行き渡ることを阻害します。そのため、ストレス解消は薄毛防...